【書評】ビジネスモデルYOU

ビジネスモデルYOU書評
この記事は約3分で読めます。

ビジネスモデルキャンバス」をご存知でしょうか?スタートアップを含む新規事業における、戦略策定時に用いられることでも有名なビジネスフレームワークですが、「ビジネスモデルYOU」はそのフレームワークを使って「自分自身のキャリアのキャンバスを描く」ための書籍です。

ビジネスモデルキャンバスとは

ビジネスモデルキャンバスは、アレックス・オスターワルダー氏とイヴ・ピニュール氏によって開発された、「対象となる事業の構造を可視化し、強みや課題を可視化するためのフレームワーク」です。ここでいう事業の構造は、9つのブロックに分かれています。

キャンバスの内容

その事業のビジョンやミッションともなる「価値提案」が中心となり、右側には事業の対象とする「顧客セグメント」やコンタクトポイントとなる「チャネル」とそこで構築される「顧客との関係」といったマーケティング要素が配置されています。その活動のために必要な「主要活動」や様々な「リソース」と「パートナー」は左側に、資産も含めた「収益の流れ」や「コスト構造」が、下側に配置されています。

関係者により現在の事業の状況を付箋などに書き出し、各マスに埋めていきながら、事業のあり方を共通認識として持つだけでなく、現在の事業が何を強みとでき、また何がボトルネックになるかを可視化することで、新しい事業への転換を図ることにも活用されています。

他のフレームワークと違い

5F分析や3C分析などのフレームワークは、市場の状態や競合他社との比較によって自社成功要因を導く事を目的に利用されます。これに対し、ビジネスモデルキャンバスは、対象のなる事業のあり方を徹底的に掘り下げ、可視化するところに違いがあります。

このような特性は、新たな市場を想像しようとするスタートアップや新規事業にとって、ビジネスをしっかり可視化できることから利用メリットがあります。

個人のキャリアに置き換えた「プライベートキャンバス」

一般的にビジネスフレームワークを個人のキャリアに置き換えて利用することはそれほど多くはありませんが、「自分マーケティング」といった、自分の強みを活かしたキャリア構築は、マーケティングが日本で浸透すると同時に言われることが増えてきました。

ビジネスモデルYOUは、まさに「自分の今後のキャリアを考えた時に、一度自分をとりまく環境を見直そう」とするために、ビジネスモデルキャンバスを用いたものです。

自分の価値は何か?それを誰に提供しているか?その時必要なパートナーは?自分一人ではなく、様々な個々のステークホルダーをプロットしながら、自分の強みとキャリアを明確にしていくのです。

そのために、本著の中では数十人の方のキャンバスを紹介しています。それらを参考にしながら、ただ読むのではなく実際に自分のキャンバスを描くことで、自分のキャリアを客観的にも「自分ごととして」見直すことが可能になります。

関係者間で「お互いを知るツール」としても活用できる

また、自分だけでなくチーム内やコミュニティ内でみんなで取り組んでみるのも良いでしょう。個々にとって新しい気付きがあることは、その後のタスクに大きな影響を与えてくれます。

チームの個性を図る診断ツールには、ストレングスファインダーやソーシャルスタイル理論など、様々なものが存在します。

それらも非常に有効ですが、マーケターとしてはぜひビジネスフレームワークを活用することで、自分にもその後の実務にも活用できるという点から、本著を強く推奨します。

タイトルとURLをコピーしました