パラメータ増加に併せて導入したいURL短縮ツール「YOURLS」

YOURLSコラム
この記事は約3分で読めます。

ここ数年、URLが、どんどん長くなっている。気がしませんか?

日本語URLとかいろんなパラメーターとか

SEO施策の1つとして日本語URLを導入したり、ノーリファラー対策としてGoogle AnalyticsのURL生成ツールでパラメーターを付与したり、広告効果測定用のパラメーターを付与したり…と、実URLだけじゃなくパラメータの方も長くなってきています。

広告出稿用なら特にURLの長さは気にならない場合もありますが、メルマガに掲載するリンクとなると、やっぱり短いほうがいいですよね。試しにこの記事のURLに対して、「メルマガから来ましたよ」ってパラメータを付けようもんなら、

パラメータ増加に併せて導入したいURL短縮ツール「YOURLS」
ここ数年、URLが、どんどん長くなっている。気がしませんか?日本語URLとかいろんなパラメーターとかSEO施策の1つとして日本語URLを導入したり、ノーリファラー対策としてGoogle AnalyticsのURL生成ツールでパラメーターを付

なんて事になって、何かのアフィリエイトなんじゃないか?とか、変なトラッキングされてるんじゃないか?とか、ユーザーへの不信感を上げてるようなもんではないかと。

とはいえ、Web上のURL短縮サービス使うと、ドメイン変わってしまって、それも不信感に繋がりそう。という事で、独自のURL短縮ツールはもう必須なのではないでしょうか?そんな時に活用したいオープンソースツールが、「YOURLS」です。

YOURLSで簡単に短縮環境を導入

YOURLS

YOURLS」は、自前のサーバーにインストールして使用できるURL短縮ツールです。他にもこれまで同じようなツールはありましたが、今でも生き残ってて使いやすいのは、YOURLSかな、という印象。安いVPSサーバー借りて、適当なドメインとってYOURLSと併せて設定すれば、サーバーを触れる人なら1時間もあれば設定完了。すぐ利用できます。

管理画面上でクリック数も見れるので、誘導効果もパッと確認できます。短縮URLというと、ドメイン自体も短くしないと意味が無いような話もよく目にするけど、逆にあんまり意味も無く短いドメインの信頼度を考えると、とりあえずドメインは短縮URL用のサブドメインを設定して短縮する方が良いですね。

一瞬ハードル高いけど、やっぱり柔軟なインフラは必須。

キチンとWebの効果測定をしていくなら、やっぱりサーバーとドメインはあまり人やサービス任せにしないで、キチンと柔軟な対応できる環境にするべきだろうなぁ、と改めて思ってる次第です。Piwikなんかの自前のアクセス解析ツールも使えるようになるし。

ウェブ解析士の人とかも、この辺の環境構築とかをコンサルティングできますよー、とかサービス化すれば、サーバー再販フィーとかも入っていいんじゃないでしょうか?導入したい会社、結構あると思うんですよね。是非ご検討ください。m( _ _ )m

タイトルとURLをコピーしました